XHTML講座:ホームページ制作:携帯アフィリエイト、WEB制作の遊雅セレブリティ

XHTMLとは?

XHTML(Extensible HyperText Markup Language、エクステンシブル ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)とは、ホームページ制作言語の一種で、ホームページ内の色々な要素を指定するためのものです。たとえば、ここをクリックするとどこかのページに飛んで行くことができますが、これは、単なる「ここ」という文字について、XHTMLを使って予め「どこかに飛んでいくための入り口にします」と指定してあるためです。

元来、ホームページ内の要素を指定するのにはHTMLというホームページ制作言語が使われていましたが、このHTMLが、Windows95→98→XPと変わっていったのと同じように、バージョンアップを重ねた結果複雑になりすぎたため、改めて整理しなおし、新しく決められたホームページ制作言語がXHTMLです。

XHTMLを学ぶ

XHTMLについてより詳しい解説は下記をご覧下さい。